とつか西口整形外科

画像診断・測定機器

 画像診断・測定機器について


CR(コンピューターX線撮影): レントゲン撮影
骨病変の診断に有効であり、骨折や変形の診断に用いられます。
オスグッド・シュラッター病など、成長期で発生しやすいスポーツ疾患の診断にも有用です。
撮影したレントゲン写真は、パソコン上の画像を用いて、その場で説明が可能です。


HI VISION Avius: デジタル超音波診断装置(エコー)
微細な靭帯の損傷や骨折の有無、筋損傷の程度などを見ることができます。
簡便に、且つ迅速な検査が可能です。動的評価が可能なため、関節を動かしながら状態を見ることができます。


左:エコー機器 右:超音波画像
MRI、CT検査
レントゲンや超音波では撮影しきれない靱帯損傷や、関節内病変、骨軟骨等の状態を検査可能です。
隣接する医療機関にて、即日撮影が可能です。


左:CT膝 右:MRI膝
※撮影の有無は医師の判断によります。来院される時間帯や混み具合によっては、時間を要する・予約のみになる可能性がありますのでご了承下さい。

骨密度測定装置
骨密度の測定を行うことが可能です。

 

 

fleximg
fleximg
fleximg
<サポートチーム>